スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・国東完走作戦その2

ツール・ド・国東
02 /26 2011

前回に続いて、今回もツール・ド・国東完走作戦について書きます。


1つめの作戦はマシンの性能アップです。


Aコースで待ち受ける厳しい上り坂への対策として、現在マシンの軽量化を検討しています。


今私が乗っているロードバイクは、そのほとんどのパーツが完成車のままであまり交換していません。

これは、いくらでも軽量化の余地があるということです。


しかし問題は、パーツを好きなだけ交換するほどの予算がないということです・・・。

そもそもイベントに参加するための宿泊費や飛行機代だけでもばかになりませんし。


そこで、限られた予算内で効果をあげなければいけません。

まず私が目をつけたのはサドルバッグです。


今装着しているサドルバッグは、やや大きめのTOPEAKのLサイズバッグです。

購入した時は軽量化ということは全く考えていなかったので、「大は小を兼ねる」というし、大きいほうがいいかなと安易に思っていましたが、まずこれを見直さなければいけません。

サドルバッグはSサイズに交換しようと思います。これで85gの軽量化・・・て、たったの85gかよ!!

まだまだ対策が足りないですね。


当然バッグの中身も見直します。今はバッグの中に余計なものがゴチャゴチャ入っているので、これをパンク対策用のスペアチューブと修理用の工具だけにします。これでおそらく100gくらい変わるはずです。


次に気になっているのはホイールです。


今装着しているのは完成車に付いてきたキシリウムエリートですが、ちょっと重量が気になります。


そこでネットでいろいろホイールを探してみましたが、やはり高級ホイールは価格が高いですね!

特に海外メーカーのカーボンホイールなんて、とてもじゃないですが全く手が届きません。


そこで目をつけているのが世界のシマノです。

シマノのデュラエースのホイール「WH-7900-C24-CL」は前後セットで1395gと、1400gを切る超軽量ホイールです。しかも価格もリーズナブル!

これを装着すれば、現在のホイールよりも600gくらい軽くなりました!・・・て、まだ買ってないけど。


さて、ここまででだいたい合計800gくらいは軽量化できそうですが、あとはドリンクです。


普段ロングライドではドリンクボトルを2本満タンにして積んでいるので、だいたい1Lくらいのドリンクを積んで走っていることになりますが、これを思い切って1本にしてしまいます。これで簡単に500gの軽量化になります。


これで合計1300gになり、目標の1kg以上の軽量化が達成です!


まさに取らぬタヌキのなんとかですが、これからも楽しみながらマシンの軽量化と性能アップを進めていきたいと思います。

Matchie

ロードバイクに乗り始めて数年、40代の坂好きライダーです。
現在、楽して速くなる方法を模索中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。