スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランフォンド軽井沢2015(2)第2エイド~ゴール編

グランフォンド軽井沢
05 /24 2015
グランフォンド軽井沢2015のレポ後編です。

第2エイドは今年も東海大学の研修センターです。
ここで昼食が提供されているんですが、この昼食を頂くのにまた大行列になってました。
第1エイドでも行列のために40分以上ロスして、さらにここでも同じくらいの時間をロス。
運営については今後要改善ですね。

昼食のメニューはおなじみのカレーライスとサラダに加えて、ミートボールや漬物などがありました。

DSC_0186_02.jpg

おかわり自由ですが、疲労がたまっているのか手をつける人は少なかったです。この後も上りが多いので、皆さんウェイト増加を気にしたのかも。

第2エイドを出発してからしばらく走ると、愛妻の丘という場所があります。
詳しくは知りませんが、階段を上ると小高い丘になっていて、そこで絶叫ができる場所らしいです。

DSC_0187_02.jpg

景色が良いので、ここで愛車を記念撮影しました。

DSC_0191_02.jpg

この後、非常に長いダウンヒルになるんですが、テクニカルなコーナーが多く、さらに一部のコーナーでは砂が浮いているため非常にスリップしやすくなっています。
私も一度後輪がスリップしたため、その後はスピードを抑えて走ることにしました。それにしても、他の参加者の方は皆さん大丈夫だったんでしょうか。

ダウンヒルを終えると第3エイドに着きます。ここは地元企業の敷地を借りた場所とのことです。

DSC_0194_02.jpg

ここではレモンのはちみつ漬けやガリガリくんソーダが提供されていました。ちょうど気温が上がってきたところだったのでとてもおいしかったです。このアイスがもし第1エイドや第2エイドで提供されていても、寒かったので多くの人が食べられなかったかも。

また、このエイドには地元のゆるキャラ「ゆきたん」がいました。まったく動かなかったのは残念ですが、おそらく今日は疲れていたんでしょう。

DSC_0193_02.jpg

この時点でエイドの足切り時間が迫っていたので先を急ぐことにしました。

ここからは細かいアップダウンが続き、さらに参加者の足を削っていきます。
今年は途中で住宅地を通るコースになっているんですが、ここでもかなり斜度の高い坂になっています。
このあたりまでは足の調子も良かったので、ダンシングをしてごぼう抜きをしていたんですが、徐々に右膝に違和感が出てきました。
以前Mt.FUJIエコサイクリングに参加したときにも発生した膝の痛みがフラッシュバックしてきます。そのときと同じく右膝の裏側に痛みが出てきました。
そこでペースを落として、できるだけ膝から下には力を入れずに、体幹と腸腰筋でペダルを回すことを心がけました。

しかしここから第4エイドまでのコースは、今大会でも最高難度のひとつである菱野温泉前を通るコースです。ただでさえ厳しいコースなのに膝の痛みのダブルパンチ。ついにここで足を着くことになるかと何度も思いました。

そしてついに菱野温泉前の激坂が目の前に。ここまで来たら絶対に足は着きたくないと、痛む膝にできるだけ負担をかけずに渾身のダンシング。
しかし菱野温泉はそれほど甘くない。まだ続くカーブを曲がって、さらに最大心拍のままダンシングを続けようとすると・・・

なんと激坂区間の途中、目の前に第4エイドがありました!!
以前までは第4エイドは菱野温泉から数km先にあったはずですが・・・今回はこんなところにエイドがあるとは。
激坂区間の途中にエイドがあるのは賛否が分かれるところですが、でも多くの方はこのエイドで足を着かずに済んだのかもしれません。

なお、このエイドでは水といなり寿司、いちごなどが提供されていましたが、いちごは私が頂いた数分後に品切れになっていました。
また、ここで写真を撮るのをすっかり忘れていました。膝の痛みと疲れでまったく気がつきませんでした。

膝の応急処置のため、ここで頂いたペットボトルの水を右膝にかけて、炎症の起きている膝を冷やします。これはかなり効果がありました。

膝の処置を終えて、さあ出発です。
第4エイドから先はもう厳しい上りはないことを知っていたので、比較的気分には余裕がありました。
しかしこの区間は道路の状態が悪く、私は体重が軽いために路面による細かい振動が苦手なので、この区間でも意外に体力を削られます。
膝の痛みも続いていたため、徐々にスピードが落ちて他の参加者の方々にも抜かれていきます。

それでもなんとか山道を走り続け、ついに軽井沢駅につながる国道18号に出ました。
ここからは完全な平坦道、しかも路面状態も良いので走りやすくなりました。
ここまでくると自然にトレインの隊列ができて、前の方から千切れないように最後の力を振り絞って走ります。
ところが前の数名の方がとんでもないペースで飛ばします。一時は時速40km以上を超えていたため、あやうく千切られそうに。
それでもなんとかついていき、軽井沢駅を過ぎてゴールに向かう最後のコーナーは膝に負担をかけないように徐々にペースを落として、ついにゴールしました。
ゴール時間はほぼ16時30分。完全に最後尾からスタートしたことに加えて、エイドで1時間以上のタイムロスがあったのでまあこんなものでしょう。

ゴール会場ではローソンのおでんが提供されていました。私はホテルに帰ってすぐに夕食をとる予定なので食べませんでしたが、疲れた身体にはいいですね。
また、アンケートに回答した人に抽選がありましたが、私は外国製の駄菓子でした・・・。

最後に感想をまとめます。
今回で3度目の参加でしたが、コースは年々改善されて良くなっています。ただ上りに自信のある人でないと制限時間内の完走は厳しいかも。
マイナスポイントとしては、参加費が高いのはちょっと気になりますね。先行受付なら8000円ですが、通常受付で10000円はやっぱり高いです。
そしてエイドステーションでの大行列の問題はぜひ改善してほしいところです。当日は晴天だったため40~50分でもなんとか待てましたが、もし雨天であればとても待つことはできないでしょう。
個人的には軽井沢という観光地がとても好きなので、また機会があれば参加したいと思います。

Matchie

ロードバイクに乗り始めて数年、40代の坂好きライダーです。
現在、楽して速くなる方法を模索中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。