スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mt.富士ヒルクラム2017(当日編)

Mt.富士ヒルクライム
06 /18 2017
当日は4:50に起床。
準備をして5:30に御殿場のホテルを出発しました。
しかしここで問題が発生。なんと指定された駐車場をカーナビで検索することができません!
カーナビで付近の場所を検索するなどいろいろと格闘した結果、ようやく駐車場周辺の位置まではなんとかルートが表示されたので、ようやくホテルを出発。
若干アクシデントもありましたが、6:30には駐車場に到着。
自転車を組み立てて6:50には駐車場を出発。7:00頃にスタート会場に到着しました。

DSC_0417_02.jpg

自分のスタートは7:45なのでまだ十分に時間があります。会場をぶらついて時間をつぶしてから列に並びました。

DSC_0418_02.jpg

それからだいぶ待ちましたが、予定の10分遅れの7:55にようやくスタートしました。
パレードランの後計測スタート地点を通過して、いよいよレース開始!

昨年は序盤をフロントミドルで走ったことで筋肉疲労を招き、後半は売り切れ状態で走らざるを得なかったという反省を踏まえて、今回は序盤をフロントインナー縛りで走り、力を抑えて走ることを心がけました。
心拍数も160を超えない程度で、徐々にペースアップする作戦です。
さらに、10分に1回程度はダンシングをまぜることで、同じ筋肉に負担をかけ続けないように走ります。

周囲は早くもペースを上げている人が多いですが、他人のペースに惑わされないよう、マイペースを維持します。
すると自分と同じペースで走る人が見つかるので、その人の後ろについてペースメーカーとなってもらいます。
前半10kmくらいまでは特に問題なく、予定通りのペースで走っていました。

そして中盤に入り、予定では徐々にペースを上げていくはずだったのですが、どうも今一つペースが上がりません。
心拍数は140~150台と、普段よりも低めで推移しているのですが、早くも脚の筋肉が疲れてきています。
しかたがないのでダンシングの時間を長めにするようにして脚の筋肉の疲れを取ろうと試みましたが、それでも思うようにはペースが上がりません。
たまに斜度が3%程度にまで抑えられた区間があるので、そこではフロントをミドルにしてスピードを上げることができますが、その区間もすぐに終わり、斜度が6%くらいまで上がると、脚が疲れるのでインナーに落として、また亀さん走法に戻ってしまいます。
ここまで長時間のヒルクライムの練習をしていなかったので、どうやら筋持久力が落ちているようです。
完全に売り切れにならないよう、できるだけ負荷をかけずに走るようにしました。

後半に入って太鼓の応援地点も通過して20km地点まで来たあたりから、そろそろ平坦区間に入るはずと待っていましたが、いつまで走っていても平坦区間が見えてきません。
平坦区間を待ちわびながらつづら折りの坂を何度も越え、さらに1km以上走ると、ようやく平坦区間に到着。

フロントをアウターに入れて、わずかに残っているエネルギーをここで出しつくす勢いでスピードを上げます。
そして特急列車の到着を待ちますが、意外なことに特急列車の通過は無く、むしろペースを落としていく方が多い。
これはどうしたものかと思っていると、ようやく単独走行ですがいい感じのペースで走る人を発見。
後ろに着かせていただき、特急というよりは快速列車を形成。とばしまくります。

そしてあっという間に平坦区間が終了し、あとは残りわずか。
応援の方も増えてきて、応援の声が聞こえます。
しかしもはやエネルギーは残っていません。先ほどの平坦区間で脚の筋肉はすでに売り切れ。
わずかに残った動力を総動員して、ダンシングも使って最後の上りをのろのろと上ります。
ゴール前は渋滞になっているので、もはやペースアップは不可能。周りの方と同じペースでゴール。

脚の筋肉は使い切ったものの、心肺機能は十分に出し切った感じはせず、若干不完全燃焼な感じ。
それでも、ヒルクライムはやっぱり楽しいですね。

まあ昨年のタイムは超えたかなと思いながらサイコンのタイムを確認すると、なんと昨年よりも2分も遅い!
これは軽くショックを受けました。やっぱり加齢には勝てないのでしょうか・・・。

この日の富士山は雲がかかっていたため、写真は撮らずに下山することにしました。
下山する参加者の列からゴール付近を撮影。

DSC_0424_02.jpg

下山時の服装は昨年と同様にウインドブレーカーを着込んでいたのですが、今年は昨年よりも気温が低かったためかなり寒かったです。
しかも下山の途中で眼が乾燥してコンタクトレンズが外れそうになるというアクシデントまで・・・。
運良く近くにトイレを見つけて、なんとか洗面台の水道水ではめ直すことができましたが。

3年連続で参加してきたMt.富士ヒルクライムですが、今年でいったん終わりにしようかと思っています。
と言いつつ、ちゃっかり来年も富士北麓公園にいるかもしれませんが。

Matchie

ロードバイクに乗り始めて数年、40代の坂好きライダーです。
現在、楽して速くなる方法を模索中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。