スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mt.富士ヒルクライム2016参加レポート(2)レース当日(後編)

Mt.富士ヒルクライム
06 /25 2016
富士ヒルクライムレポートの後編です。

中盤からは心拍が140台まで落ち込んでおり、明らかに心肺能力には余力があったが、筋力をほぼ使いきっていたため惰性でペダルをまわすのが精一杯。
このあたりから、抜く数よりも抜かれる数のほうが多くなる。
しかしそのようなことはすでにどうでも良くなり、早く平坦区間に着きたい、脚に一息を入れたいと思いながら走る。

20kmを過ぎたあたりで斜度が低くなり、脚にかかる負荷が軽くなる。どうやら待ちに待った平坦区間に入ったらしい。

速い人の後ろに付きたいが、周りを見てもペースを上げる人がいない。みんな自分と同じで、すでに脚が売り切れている様子。
仕方なくしばらくの間はトレインの到着を待つ。

すると、トレインではないが一台の自転車が猛スピードで通り過ぎる。これはなんとか後ろに付かないとと思い、必死にペダルをこいで後ろにつく。
すでに売り切れかけの脚にわずかに残された力を込めて、千切れないようにペダルを回し続けると、今まで亀のようなスピードだったのが時速30km以上にまで復活し、キノコを食べたマリオ状態に。
しばらくはドラフティングの恩恵を受けていたが、マリオが一時的にしか無敵モードにならないように、徐々に元の売り切れ状態に戻り、前の人との間隔が少しずつ空き始める。そして間隔が2mくらいに広がると、もはやドラフティングの効果はなく、単独走とほぼ変わらない状態に。

そのうちに平坦区間が終わり、いよいよゴール前の最後の上り区間に突入。
ここまで来ると脚は売り切れ状態を超えており、いくら応援の声援を受けても力が入らない。
ゴール直前では2人くらいの人と横に並んだが、順位を競うことが目的ではないので抜こうという気は起きず、そのまま惰性でゴール。
自転車を止めてクリートを外そうとしたところ、脚がつってあやうく立ちゴケしそうになる。

サイコンのタイムを確認すると1時間43分。当初目標の90分切りはおろか、下方修正した100分にも及ばない。
フロントギア選択の間違いなど原因はいろいろあるが、まあこれが今の実力ということだろう。

五合目駐車場で少し休憩。この日は気温が高かったこともあり、レストハウスの前ではソフトクリームが大人気で行列になっていた。

DSC_0313_02.jpg

さらに富士山を記念撮影。晴れていいたので綺麗に姿が望めます。

DSC_0312_02.jpg

あまり長時間休んでいると身体が冷えてしまうため、ウインドブレーカーなどの防寒装備を着込んで下山することに。
10分ほど並んだあと、ようやく下山グループが出発。
下山パトロールから必要以上に減速を求められることは無く、だいたい時速40kmペースで下山できるので走りやすい。

下山途中で展望地点に立ち寄り、景色を撮影。

DSC_0318_02.jpg

無事にスタート会場に到着。
参加者サービスの山田うどんをありがたく頂く。ハンガーノック寸前の身体にエネルギーが浸み渡っていく。
うどんを食べ終わってから写真を撮っていなかったことに気づく。そのため写真はありません。。。

アウトレットに行っている奥さんと早めに合流するため、食べ終わったらすぐに会場を後にする。
これで今年の富士ヒルクライムも終了か・・・。

今回はタイムこそボロボロでしたが、やはりヒルクライムレースは楽しいですね。
来年も富士ヒルクライムに参加するかはまだわかりませんが、このコースはレースとは別の日に、個人でもう一度上りたいですね。

コメント

非公開コメント

Matchie

ロードバイクに乗り始めて数年、40代の坂好きライダーです。
現在、楽して速くなる方法を模索中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。