FC2ブログ

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾根幹を走ってきました。

0 0
自転車

この記事は先週末の29日に下書きを書いていたんですが、書き終わらないまま1週間が過ぎてしまいました(+_+)。

今日さらに書き足したので、1週間遅れの記事ですがアップします。


今後はきちんと更新していきます!・・・たぶん・・・。


※なお、文中の「今日」という表現は先週末の日付です。


(↓本文ここから)


先週はあまりの寒さにトレーニングをさぼってしまいましたが、今日は天気も良く風もなかったので、2週間ぶりに走ってきました。


しかし今日の東京の気温は6℃とのこと。

パールイズミのウインドブレイクジャケットは非常に高性能ですが、それでも半袖ジャージとこのジャケットだけでは不安だったので、半袖ジャージの上にサラファインのTシャツをもう1枚着て、3枚着ていくことにしました。

これが成功で、今日は寒さをあまり感じることなく、快適に走れました。

真冬は3枚重ねがおすすめですね。

今日はまず多摩川のサイクリングロードを走りました。


そこで驚いたのが、サイクリングロードの中央分離線が消されていることでした。


あれ?なぜ消えているんだろうと思いながら走っていると、ある地点で歩行者と自転車の通路区分が道路に表示されていました。


写真がないので文章で説明すると、自分の進行方向の左側から、


歩行者↓ 自転車↑ 自転車↓ 歩行者↑


このように、自転車が道路の中心に近い部分を走るようにとの表示が書かれていました。


しかしこれでは、どの部分にいても自転車同士、あるいは自転車と歩行者が正面衝突をする危険があり、自分としては今まで以上に危険性は増しているのではないかと心配しました。


案の定、この表示のとおりに歩いている人は少なく、ほとんどの歩行者は今までどおり左側通行をしていました。


果たして、この多摩サイの新ルールは定着するのでしょうか。



そんなことを考えながら多摩サイクリングロードを走っていましたが、今日はちょっとコースを変えて、鶴川街道で多摩川から離れて、尾根幹のルートを走ることにしました。

たまには坂道を走らないと足がなまってしまうので・・・。


私は最近知ったんですが、尾根幹は自転車愛好者にとっては有名なルートなんですね。

そういえば、ここを通ると結構多くのロードバイクを見かけます。

今日も何台ものローディーをお見かけしました。


なかでも私の前方を走っていた方は私よりかなり年上に見えましたが、若葉台の坂に入ったところで追いつくかと思っていましたがまるで追いつきません。


少しずつ前方の方の姿が小さくなっていくなか、なんとか心拍数160以上で上りきり、あとは下り一直線。

そして多摩川の橋を越えて自宅まで帰りました。


尾根幹のルートはある程度アップダウンもあって走りごたえがあるので、今後とも自分のトレーニングコースに加えたいと思います。

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。