スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大垂水峠を越えて相模湖までハーフセンチュリー。

自転車
04 /25 2011
今日はとても天気が良かったので、国東に向けた練習として相模湖まで走ってきました。

国東対策としての長距離の練習としては今日が最後となるので、平地ではスピードを維持したままどの程度の距離を走れるか、また上りはどの程度走れるようになったかを確認しながら走りました。

多摩川沿いを走ってから国道20号に入り、今日も大垂水峠に向かいます。

自宅を出発してから、休憩を含めて約2時間くらいで高尾山口に着きました。

先週と同様、ここで大垂水峠を越えるためのエネルギーを補給するために、高尾山名物のおそば屋で休憩をとることにしました。

最近はまるで高尾山のおそばを紹介するブログになってきてますが、今回は橋詰亭というお店のざるそばをいただきました。

橋詰亭ざるそば

実はこのお店は以前から何度も来ていますが、ここのおそばはとてもみずみずしく、太さ、固さもちょうど良いくらいでとてもおいしいです。

さて、エネルギー補給も完了し、いよいよ大垂水峠越えに出発です。

国道20号線に戻って、最初のうちは時速20kmペースで走ります。
しかし斜度がやや上がってくるにつれて、速度はだんだんと落ちてきました。

そして、自分にとって最もまわしやすいギアを見つけるためにギアチェンジをしていたところ、突然フロントギアが変速できなくなってしまいました。

これは大変だと思い、そのあとも何度も変速を試みましたが、どうしてもアウターに入れることができません。
困ったと思いながらペダルを回していたら、そのうちいつの間にか頂上に着いてしまいました。

このままフロントがインナーに入ったまま下りに入るのは怖かったんですが、もう一度ブレーキレバーの変速機を動かしてみたところ、なんとか変速することができてほっとしました。

ここからはダウンヒルになります。

非常に曲がりくねった道をようやく下りきったあたりに、おいしそうなオーラを出しているおそば屋を発見しました。
帰ってからネットで調べてみると、「休屋(やすみや)」というお店だそうです。めずらしい店名ですね。
その名の通り平日はお休みで、週末限定で営業しているとのことなので、今度は休日に車で嫁さんと来ようと思ってます。

さて、相模湖付近まで到着しましたが、この時点でかなり予定時間を過ぎているので、付近を散策する間もなく大垂水峠を引き返すことにしました。

峠の往復はかなり疲れましたが、なんとか峠を越してからは非常に長いダウンヒルになります。

国道20号線は高尾山口を過ぎてからも、しばらくの間はゆるい下りになっているので、かなりいいペースで進みます。

しかし20号線から多摩川サイクリングロードに入ってからは、かなり強い向かい風に苦しみました。
しかも峠の往復がここにきて影響して、全身の疲労と腰の痛みが襲ってきます。

最後には時速20km程度にまでスピードが落ちてしまい、ヘロヘロな状態で自宅に到着しました。
今日は結局80km走りました。ハーフセンチュリーの距離ですね。

これで国東に向けた長距離の練習は最後になりましたが、今日は現時点の自分の限界がよくわかったという意味で収穫になりました。

そして今日わかった一番大事なこと。
それはディレイラーの調整が必要だということです。
あの国東の激坂でディレイラーが変速できなくなったら大変です。

次の休日には、自分で初めてのディレイラー調整に挑戦してみようと思います。

コメント

非公開コメント

No Title

大垂水、お疲れ様でした!
FD調整、自分も過去、三浦半島に行った際、アウターに入らず、苦労した事を思いだしました。
改めてメンテの重要性を知りましたよ。
橋詰亭・・・今度寄ってみますね~

No Title

こんばんは!
GIBSON1さんも以前ディレイラーがトラブったんですね。
ディレイラーの調整はほとんどやったことがありませんが、週末に本を見ながら挑戦してみようと思います。
あと、橋詰亭は比較的すいているお店なので、サイクルジャージにレーパンという格好でも入りやすいです。
味だけでなく、そういう意味でもおすすめのお店ですよ(笑)。

No Title

こんばんは。
変速機のトラブルにイベントの時に遭遇すると,かなり痛い事を身をもって先日体験しました。でもフロントの調整って,その按配が私には難しいんですよね。
それにしても国東中では無くてよかったですね。しっかり調整して頑張ってきてください。

No Title

>lumoさん
こんばんは!
lumoさんはイベントの最中にトラブルに見舞われたんですよね。ブログの内容を思い出しました。
やっぱり日頃のメンテは大事ですよね。
フロントの調整方法は私もよくわかっていませんが、自分で調整してみてうまくいかなければショップに持っていこうかと思います。

Matchie

ロードバイクに乗り始めて数年、40代の坂好きライダーです。
現在、楽して速くなる方法を模索中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。