スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強風に負けながらトレーニング。

自転車
03 /26 2011
1週間ぶりに自転車に乗ろうと思い、家で身支度しながらスマートフォンで天気情報をチェック。

天気は1日中良いものの風がかなり強いみたいで、東京地方の風速はなんと12mとの表示。しかも北風!

これは実際の気温以上に寒く感じるだろうと思い、真冬向けのウインドジャケットを着込み、さらに半袖ジャージと素肌の間にタオルをはさむ。これが汗による身体の冷えを防ぐのにとても役立つんです。

準備が完了してさっそく自宅を出発。

大通りを数キロ走って、今日は多摩川サイクリングロードに出てみます。川沿いの道はまわりに風をさえぎる建物がないため、サイクリングロードに入ってからさらに風を強く感じます。

この風のせいか、今日は普段に比べて多摩サイを走る自転車の数も少ない。

それにしても、予想はしてましたがすごい風!
川の上流に向かって走るとちょうど向かい風になるので、顔に風が強く当たって非常に呼吸がしづらい。
あまりの風の強さに、途中で止まることも。

風が弱くなってからまた走りはじめても、平地なのに巡航速度は一向に上がらず。
まるで坂道を走っているかのように、両脚に強い負荷がかかる。

それでもツール・ド・国東の山道を走るための良い練習になると思い、そのまま10kmほど走り続け、ワイズロード多摩川府中店に到着したところで休憩。

ちょっとお店でホイールなどをチェックして、再度出発。

今度は今まで来たルートを折り返して戻るため、一転して追い風走行に。

ここからは強い風を利用して、一気に巡航速度をアップ。
一般道路に出てさらに加速しながら、サイクルコンピュータを見ると時速40kmの表示。

普段平地で強めの負荷で走っても時速30km程度の貧脚なので、この感覚はまるで別次元。自分が急にパワーアップしたかのような感覚。というか錯覚。

しかし、当然これは実力ではないので、追い風コースが終了したとたんに自分本来のスピードに(泣)。

そしてルートの後半では上りの練習をしようと思い、よみうりランド付近の激坂コースを走ることにしました。

下の写真は坂の入口付近です。

よみうりランド付近の坂

このコース、写真ではあまり急坂に見えないと思いますが、実際に走ってみると結構しんどいです。

シッティングでなんとか上りきろうと思っていましたが、太腿の筋肉に疲労がたまってきたため、耐えきれずダンシングにスイッチ。

私の場合、時速10km未満の超スローのんびりダンシングという得意技(?)を持っているので、しんどくなるとダンシングで逃げてしまいます。それにしても、これでは練習にならない・・・。

そこでこのコースを上りきったあとも、さらに尾根幹線の上りを走って練習。
ここまでは強風も気にならず。

しかし、帰り道がまたもや向かい風に!

強い風に途中何度かハンドルをとられそうになりましたが、特に危ない目にあうこともなく無事帰宅しました。

それにしても、今使っているホイールはディープリムではないので問題なかったですが、これがディープリムだと横風の影響はかなりあるのではないかとちょっと不安になりました。

今日は53kmしか走りませんでしたが、自分としてはかなり疲れました。
国東の本番も風が強かったら・・・と思うと、かなり不安です。

コメント

非公開コメント

No Title

初めまして。
よみうりVに行かれるのですね~
あそこは距離が短いけど、なかなか上り甲斐がありますよね。
よみうりVは近所なので、たまに減量のために上ったりしてます(笑)
今後とも宜しくお願いします。

Re: No Title

>GIBSON1さん
はじめまして!
GIBSON1さんはよみうりVの近所に住んでいるんですね。あそこは確かにちょっと距離は短いですが、私も上りの練習にときどき走っています。
他にもこのあたりは多摩川もあるし尾根幹もあるし、自転車が走りやすい道が結構ありますよね。
あと、先日GIBSON1さんのブログも拝見させて頂きました。
今後ともお邪魔させて頂きますので、よろしくお願いします。

Matchie

ロードバイクに乗り始めて数年、40代の坂好きライダーです。
現在、楽して速くなる方法を模索中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。