スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・国東参加レポート(2)地獄への分かれ道編

ツール・ド・国東
05 /07 2011
Aコース最大の難関のひとつ、チシャノ木峠を越えたあとの下りルートをしばらく走り、第2チェックポイントの元大田中央公民館に12:00頃到着。

ここでは飴や柿ピー、ゼリーなど、小物のお菓子が用意されていた。そのなかでこんにゃくゼリーをもらって補給する。

国東チェックポイント01

国東チェックポイント02

休憩もそこそこに、身体が冷えないうちに出発する。

ここからはしばらく単独走行。しばらくの間は下り基調のルートが続く。

約62km地点の交差点に着くと、そこに係員の姿とともに足切りポイントの看板が目に入る。

ちょうど赤信号だったので停車しながら看板をよく見てみると、
「13:30にて足切り 近道ルートは直進 この先地獄の上りあり 体力を考慮してください」
のような表示が書かれている。

通常ルートは右折だが、13:30以降は足切りとなり、近道の直進ルートを通ることになっているようだ。

時計を見るとまだ12:40なので、足切り時刻には十分余裕がある。
しかし気になったのは、「この先地獄の上りあり」の文字だ。

ここまでに走った2つの峠もかなり上りごたえがあったが、この先にさらに厳しい峠が待っているのだろうか。
まだ体力は十分残っているが、「地獄の上り」の文字には正直ビビる。

係員に言って直進ルートを通ろうかとも考えたが、まわりの参加者を見ると、どうやらこの時間帯で近道を選ぶ人は全くいないようだ。
迷った末、その地獄の上りとやらを体験してみようと覚悟を決めて出発する。

そして29号線に入ってしばらく進むと上り基調が始まる。いよいよ「地獄の上り」に入ったようだ。

しかしまだ体力には余裕があったので、ダンシングを適度に織り交ぜながら自分のペースで上っていく。
ここでも心拍は160を越えることは無く、淡々としたペース。

国東上り地点

そして上りの途中で第3チェックポイントに到着。

そろそろ水よりも食料がほしいが、ここも補給食はほとんどない・・・。

ハンガーノックが心配になってきたので、サドルバッグに入れていたアミノバイタル SUPER SPORTSの残り1パックを補給する。
これで手持ちの補給食はなくなったが、次のチェックポイントで昼食なので、なんとかもつだろう。

それほど疲れもなかったのですぐに出発する。

ここから先もしばらくの間上り基調が続くが、地元のよみうりランド付近のような激坂は現れない。
上りの途中であえぎながらペダルをこぐ参加者に心のなかでエールを送りつつ、淡々と抜いていく。

そして峠の頂上が見えてきたので、一気にダンシングで加速をつけてまわりの参加者をごぼう抜きにする。
どうやら上り基調はここまでのようだ。意外なことに、「地獄の上り」もそれほど苦労せずクリアーしてしまった。
ちょっとほっとする。

ここからはしばらく下り基調が続くが、向かい風が出てくるとともに雨がぽつぽつと降り始めてきた。
天気予報で午後から小雨が降るということだったが、いよいよその雨が降ってきたようだ。

すでにウインドブレーカーを着込んでいたが、風邪ぎみだったため雨にさらされるのは厳しい。なんとか早めに止んでほしいものだ。

徐々に強まる向かい風にあまり逆らわないようにペダルを回していたが、このあたりから徐々に腰に痛みが出てきた。
以前の練習のときから、距離が60kmを越えたあたりで腰痛が出てくることがあったが、今回もほぼ同様に70kmを越えてから痛みが出てきた。
まだ全ルートの半分程度しか走っていないのに、腰痛が出るとはまいった。

不安になりながら走っていると、速いペースで走っているグループが自分の前を通り過ぎた。
この向かい風のなかで単独走行は厳しいため、この列車に乗せていただくことにした。

この列車がまた速いこと。先頭の人の自転車にはおそらくディーゼルエンジンでも付いているのだろう。
列車の恩恵を受けながら向かい風のコースをなんとか走り続けると、昼食ポイントである粟島神社にようやく到着した。

このときには腰の痛みはかなり強くなってきており、背中のアーチをつくるのもしんどくなってフォームはガタガタになっていた。
こうやって振り返って書いている今も、当時の痛みが思い出されてくるほどだ。

そして降り始めた雨は止みそうで止まない。自分の体調、天候ともにコンディションは悪化していた。

ここまでの距離は93kmほど。コースの総距離を152kmとすると、残りは約60km。万全な体調ならたいして気にならない距離だが、今の状態では不安が募る。
果たして無事にゴールにたどり着けるのだろうか。

長編になってきたため、3部作に分けます。
次回でなんとか完結させようと思います・・・。

コメント

非公開コメント

No Title

こんばんは。
地獄をものともせず上りきった後に,腰痛とは・・・。
私も以前は腰痛もちでスポーツが出来ない体だったので,あの痛みは良く分かりますよ。
そして,まだコースの半分過ぎ。
この後どのようにゴールしたのでしょうか?
今頃遅いですが,応援します。頑張れ。

No Title

>lumoさん
こんばんは!
lumoさんも腰痛持ちだったんですね。
自転車に乗っているときにあの痛みが出ると、スピードはガタ落ちになりますね。
lumoさんは今はもう全快したんでしょうか。
私は国東から帰ってきた今も腰に不安があるので、いろいろ腰痛に効く方法を調べてます。
完結編はこれから書いてアップします。応援ありがとうございます!

Matchie

ロードバイクに乗り始めて数年、40代の坂好きライダーです。
現在、楽して速くなる方法を模索中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。