スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mt.FUJIエコサイクリングに向けて。

Mt.FUJIエコサイクリング
08 /21 2011
Mt.FUJIエコサイクリングに参加を申し込んでから、今までに参加された方のブログを読んだりして情報を収集してきましたが、このイベント、「サイクリング」というゆるーいネーミングの割に、実はハードなコースであることがなんとなくわかってきました。

で、いくつかのブログを読んでわかったこと、イベント参加時の注意点などをまとめてみました。
他の参加予定者の方の参考になればうれしいです。

・当日の気温は年によってかなり差がある。
一昨年は朝6時の時点で11℃とかなり肌寒かったが、昨年は猛暑の影響でかなり暑かったとのこと。
当日は気温の変化に対応できるよう、ウインドブレーカーやアームウォーマーなどを持参したほうがいいかも。

・イベントのスタートは先着順にスタート地点に並んで数人ずつ出発する形式なので、なるべく早めに並んだ方が良い。最後尾の方だとスタート開始から1時間くらい待たされる。

・エイドステーションの食事はあまり充実していないらしい。多くのステーションはだいたい水のみか、または水とバナナのみ。不安な場合は補給食を用意しておいたほうが良いかも。

・富士ハーネスのステーションではカレーかやきそばを買えるが、ライド中の補給としてはちょっと重い?

・コースは前半が下り基調、後半は上り基調で、平地の割合が非常に少ない。
特に後半の2つの峠が結構きついらしい。ロングライドというよりはグランフォンドに近い?

・一部の下りコースで舗装状態が悪い箇所や道幅が狭いところがあるらしい。
下りはスピードの出しすぎに注意すること、ホイールを複数持っている場合はブレーキング性能を重視して選んだほうが良いかも。
昨年も落車で救急車が出動したらしい。

・エイドステーションなどのトイレは大混雑するので、コース途中の公衆トイレを使うと良い。

・首都圏から車で来る方は、高速道路の渋滞に注意。昨年は大渋滞だったとのこと。


ざっとメモ調にまとめてみましたが、こうやって読んでみると、イベント中だけでなくイベント参加前後も結構大変みたいです。

とにかく安全重視で、今回はタイムなど気にせずのんびり参加してこようと思います。

コメント

非公開コメント

Matchie

ロードバイクに乗り始めて数年、40代の坂好きライダーです。
現在、楽して速くなる方法を模索中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。